スポンサーリンク

オムツの テープ と パンツタイプ はどっちがお得?ムーニーで価格・吸水量・大きさを比較

パンツタイプ 子育て

どうもスルメです。

うちの坊っちゃんも6ヶ月になりオムツ替えの時にジッとしてくれなくなりました。

元気がいいのは非常に嬉しいことなのですが、困るのはオムツ替え。

足をビョンビョン、あっちを向いたりこっちを向いたりとテープタイプのオムツを履かせるのが一苦労。

なんてもたもたしている間にオシッコピューなんてことが頻発するように。

今回試しにパンツタイプのオムツを購入してみました。

気になる吸水量の違い、大きさ、価格などテープタイプとパンツタイプの比較をしてみたのでご紹介いたします。

オムツ選びの参考にしていただけますと幸いです!

スポンサーリンク

比較してみたオムツの紹介

今回、比較してみたオムツはムーニーのテープとパンツのタイプのオムツです。

パンパース・ムーニー・メリーズを試してみた結果、我が家ではムーニーがベストバイということで、採用しています。

ムーニーが一番サラサラ感がよかったんですよね。

三種類のオムツを比較検討してみた記事はコチラ↓

新生児用 おむつ比較 !「 パンパース・ムーニー・メリーズ 」どれがオススメ?

そして、今まで使っていたテープタイプはムーニーエアフィットのMサイズ

今回新しく購入してみたのは、ムーニーマンエアフィットのはいはい用

まだ、ハイハイしてないんですけど。

ムーニーマンはもう少し大きいサイズになると、男の子用と女の子用に別れるみたいですが、はいはいようは男女共用のようです。

テープタイプとパンツタイプの3つの比較結果

果たしてどっちがいいのか、今回は「 価格・吸水量・大きさ 」の3つのポイントで検証してみました。

価格の違い

まずは価格の違いです。

消耗品のオムツは少しでも安いほうがいいですね。

1月30日時点のAmazonの価格で比べてみましょう。

販売価格は、テープタイプもパンツタイプも同じで入っている枚数がテープタイプのほうが24枚多いみたいです。

一枚あたりの価格にしてみると

テープタイプ:16円
パンツタイプ:18円

といった結果になりました。

詳しくはこちら

テープタイプ

通常は234枚入りで4,410円。

Amazonファミリーの定期おトク便で購入しているので、3,748円になり一枚あたりの価格は、16円となります。

パンツタイプ

通常は210枚入りで4,410円。

Amazonファミリーの定期おトク便で購入しているので、3,748円になり一枚あたりの価格は、18円となります。

Amazonファミリーの定期おトク便

Amazonファミリー会員の定期おトク便を使えば、15%オフになります。

一枚あたりにすると3円割引です。

大きなオムツを家まで運んでもらえて、しかも安いなんて利用しない理由はないと思います。

定期おトク便はトレーニングにもオススメです↓

安く買える『 Amazon定期おトク便 』でトレーニングの サボり癖 を克服!

吸水量の違い

最近、夜中オシッコしすぎなのか朝起きるとオシッコが滲み出ている事件が相次ぎました。

オヤスミマンを買えば解決するんだろうけど、まだそんなに大きくないし。

ってことで気になる吸水量についてテストしてみました。

テストの方法はボールに水を入れてオムツを浸します。

テストの準備

最初60秒の時間制限を設定して計測しようと思ったのですが、どんどん給水して水から出す少しのタイミングの差で測定値が変わってきちゃいそうだったので、吸えるだけ吸わしてみました。

オムツを水に漬ける

めっちゃデカくなってる!

ボールからオムツを出して10秒。

オムツの重さで検証してみました。

テープタイプ

テープタイプの水につける前のオムツの重さは28グラムです。

テープタイプ

このオムツを水に漬けておくとどうなるんでしょう?

テープタイプ水の漬けた後

どーんと1210グラム!

プラス1182グラムです。一リットル以上吸収するんですね。

パンツタイプ

次にパンツタイプです。

パンツタイプの水に漬ける前の重さは30グラム。

ほとんど一緒なんですね。誤差の範囲ですね。

テープタイプ

これを水に漬けるとどうなるのか?

パンツタイプ水につけた後

どーんと1268グラム!

プラス1238グラムでした。

給水量が多いのはパンツタイプ!

今回の実験ではパンツタイプのほうが少しだけ吸水量が多いといった結果になりました。

しかしこれって差がほとんどないですよね。

わずか50グラム。

よって吸水量に差はないという結果にしたいと思います。

ボールの中の折れ曲がり度でも違ってきそうだし。

そもそも一リットル以上のオシッコを吸い取ってくれるならどちらでも問題ないですよね。

技術って凄いですね。

大きさの違い

オムツはサイズを選ぶのも難しいところですよね。

月齢や体重の目安は書かれているけれど、体型は子どもによって違います。

テープタイプのMサイズと、パンツタイプのはいはい用ってどっちが大きいのか検証してみました。

ちなみにムーニーのHPで確認すると、どちらも対象の体重は6〜11キロと同じになってるんですね。

ムーニー商品情報

またの深さもほぼ一緒です。

股上比較

形が違うので、サイズをメジャーで計って比べるのも難しいので履かせた感じで比較してみると、パンツタイプのほうがフィット感があると思います。

ただし若干!ほぼ一緒。

このパンツタイプには、同じ6〜11キロが対象になっているMサイズもあります。

こちらはハイハイ用でなく、立っちしたら用となっているので、少し大きいのかもしれません。

まとめ

今後どっちのタイプを買うべきか?

もちろん履かせ易いのはパンツタイプです。

膝まで履かせればもう逃げられることはありませんからね。

今回の検証では、価格はテープタイプのほうが安いけど、その他の吸水力とサイズは変わらないといった結果になりました。

これじゃあどっち買えばいいかわかんないですよね。

そうなんですよ。

ただ、吸水量は変わらないんですがフィット感が高いためか、テープタイプから変更してからまだ一度もおしっこ漏れ&うんち漏れしていないんですよ。

まだ変更して一週間程度ですが。

履かせやすいし、漏れにくいとなったら一枚2円の価格差なんて気にならないよね。

ってことで、今後我が家はパンツタイプに変更してみようと思います。

もちろん購入は家まで配達してきてくれる&安いAmazonで!

他にもこんなオムツ関係の記事を書いています。

新生児用 おむつ比較 !「 パンパース・ムーニー・メリーズ 」どれがオススメ?

【 オムツのおしりふき 】厚手タイプと普通タイプでお得なのはどっち?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
子育て
スポンサーリンク
オススメの記事



イエノナカノヒト

コメント