スポンサーリンク

【レビュー】OGKの後ろ用チャイルドシートカバー|ハレーロ・キッズ| RCR-003

RCR-003

どうもスルメ坊主です。

先日購入した電動自転車用の後ろ用のチャイルドシートのカバーを購入したので紹介させていただきます。

参考OGKのチャイルドシート『 RBC-011DX3 』の取り付け方|ギュットミニDX

買ったのはチャイルドシートと同じメーカーのOGK技研のソフト風防レインカバー、ハレーロ・キッズ( RCR-003 )という商品です。

チャイルドシートと同様、コストパフォマンスの高い商品となっているので、とてもオススメできる商品でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

OGK技研のソフト風防レインカバー『ハレーロ・キッズ( RCR-003 )』レビュー

とってもメジャーな人気商品なので、自転車屋さんにもだいたい売ってます。

こんなパッケージです↓

ハレーロ

収納袋も付属でついてきます↓

使わない時に仕舞っておくのに便利です。

ハレーロケース

先日購入したOGKの後ろ用のチャイルドシート『RBC-011DX3』に取り付けます。

RBC-011DX3

同じOGKのチャイルドシートでは、RBC-006Nが対象外となっています。

適応表

ヘッドレストがないチャイルドシートでも、背板のようなものが付属でついてくるので、使うことが可能です。

装着してみた後ろ姿はこんな具合↓

ハレーロ後ろから

OGKの渋いロゴがイカします。

チャックをひらいて乗り降りができます。

進行方向右側はこんな感じ↓

ハレーロ右側

進行方向左側は、下までチャックがおろせます。

ハレーロ左側

左側だけチャックをひらいて乗り降りが可能です。

そして左側は下までチャックが降りるので、少し大きくなってきたお子さんであれば、自分で乗り降りすることが出来るようになっています。

子どもが大きく重くなると、チャイルドシートにのせるのが大変ですが、子ども自身で乗り降りできるようになっているのは、大変助かりますね。

しっかりと前後に通気口がついています。

前はこんな感じ↓

ハレーロ通風

雨が降っていないときや、暖かくてシートカバーが必要ない時は、クルクルとまとめてマジックテープで止めておくことが可能です↓

ハレーロ開放

また、万が一の緊急時には、後ろからガバッとこじ開けることも可能です。

緊急時

非常によく考えられている、チャイルドシートカバーだと思います。

何と言っても、視界が広いのが子どもに嬉しいポイントですね。

RCR-003

自転車に乗せて色々なところに連れて行って挙げましょう。

まとめ

真冬の自転車でもこの風よけがあれば暖かくて快適。

ウチの坊っちゃんもぐっすり寝てしまっていました。

爆睡

チャイルドシート一式は、OGKで揃えるのが品質も高く、値段も安いので鉄板ですね。

皆さんが使っている理由が、自分でも買ってみてよくわかりました。

また、購入は断然インターネットがオススメ!

店舗で買うよりも3,000円くらい安く買うことが出来ます。

取付も簡単なので、自分でできますよ。

取り付け方法は、チャイルドシートに被せてマジックテープで止めるだけ。

カラーバリエーションも豊富なので、ご自身の自転車にあったカラーを選んでみてはいかがでしょうか。

関連OGKのチャイルドシート『 RBC-011DX3 』の取り付け方|ギュットミニDX

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

スルメ坊主を
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
オススメの記事
オススメの記事