スポンサーリンク

【玩具】大きくて邪魔だけど赤ちゃん大喜び!『 ジャンパルー 』は便利?必要?

ジャンパルー 子育て

どうもスルメです。

可愛い×2赤ちゃん。

ついついオモチャをいっぱい買っちゃいますよね。

色んな種類があるオモチャのなかで最近流行っているオモチャがあるのをご存知でしょうか?

その名も「 ジャンパルー

ジャンパルーって何って方はまずはこちらの動画を御覧ください。

赤ちゃんがビョンビョンするオモチャです。

米国で大人気の玩具のようです。

私も全く知らなかったんですが、たまたま子どものいる友達の家にあり、自分の子どもを遊ばせてみたら大盛り上がり!まさに狂喜乱舞!

一時間近くゴキゲンに遊んでいました。

こんなに喜んだ玩具はありません。

遊んでいる動画をバーバに見せたところ、数日後に家にアマゾンから届いていた次第です。

赤ちゃんは喜んでくれるけど、こんな大きな玩具家にあったら邪魔だから辞めてくれと思っていましたが、家にあると想像以上に便利だったのでご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

ジャンパルーの種類

ジャンパルーには色んな種類があります。

まずは友達の家で遊ばせていただいたコチラ。

フルスペックです。

我が家が購入した(買ってもらった)のはコチラの商品。

コンパクトですが、ピョンピョンの自由度が下がります。

コンパクトタイプです。

その他のジャンパルーはコチラをご参照ください。

コンパクトジャンパルーの紹介

コンパクトジャンパルー

それでは私の購入した(買ってもらった)コンパクトタイプのジャンパルーの紹介です。

電源&ライト

まずはスイッチ部分。

左のスイッチが「 電源OFF→音量小→音量大 」です。

右のスイッチは音楽をずっと流しておくか、赤ちゃんがジャンプした振動で音が流れるかを選ぶスイッチです。

電源

音楽が流れながらピカピカ光ります。

真ん中のビーズが入っているボールを転がしても音楽が流れて光ります。

ライト

左右の手のところ

左手部分はカチカチ前後に動かせる虫とオレンジのなにかわからないもの。

オレンジのはブンブン振り回したりカミカミしています。

左手部分

右手部分は取っ手にリングが付いています。

激しくジャンプする時はここを掴んでいますw

右手部分

赤ちゃんを乗せるところ

赤ちゃんをのせる布の部分は取り外して洗濯することが出来ます。

オムツから何かが漏れ出しても安心ですね。

洗濯可能

高さ調節部分

赤ちゃんの成長に合わせて高さの調節が出来ます。

体重は12キロまでが対象で、4段階の高さ調整となっています。

うちはすでにレベル4!

もうすぐ使えなくなっちゃいます。

調節部分1

裏側から見た写真が下になります。

調節部分2

コンパクトに畳める

簡単に小さくたたむことが出来ます。

これは嬉しい。

①と②の順番でボタンを押しながらたたみます。

最初にアーチは外しておきます。

たたみ方

こちらがたたんだ写真です。

はずしたアーチも裏側に収納できるようになっています。

コンパクト

押し入れにちょっとしまっておきたいときも簡単に畳めるので助かります。

ジャンパルーは必要か?

赤ちゃんが大変喜んでくれる玩具なんですが、はたして必要かどうか?

これ忙しいパパママには非常に助かるアイテムだと思うんです。

赤ちゃんって地面に置いておくと泣きますよね。

料理をつくったり洗濯物を干したり、トイレに行くときだって、少しでも1人で寝かせたり座らせたりすると、泣いちゃってパパママが何も出来ません。

そんな時めっちゃ役に立つんです。

ジャンパルーにのせておけば超ゴキゲン!

しかも、その場にとどまっていてくれてイタズラも出来ないので、家事をするときには便利すぎます。

とりあえずのせておけば喜ぶ玩具ってなかなかないんですよね。

しかも、ずっとピョンピョンしてると疲れてくれるので寝付きも早い!

本当にあるとないのでは、子育ての大変さが全く異なる玩具なんです。

まとめ

このジャンパルーですが、赤ちゃんがあまりにもピョンピョンするので、脳に悪いだの足に悪いだの意見があるようです。

ネットで検索した限りでは、気にする必要はない!といった見解が多いです。

連続使用は15分位までとのこと。あまり神経質になりすぎる必要はないと思います。

よく高い高いが良くないなんて言われていますが、あれも過度にやりすぎるとってことでしょ?赤ちゃんが自分でやることなんで、嫌ならやめるでしょ。

とにかくこんなに赤ちゃんが喜んでくれる&忙しい親を助けてくれる玩具は他にはないと思います。

大きくって邪魔になるのが欠点ですが、忙しいパパママを助けてくれる超便利な子育てアイテムだと思いますので、非常にオススメできると思います。

脚力や体力も鍛えられそうですよ(・∀・)

そして、大喜びで遊んでいる子どもはとっても可愛いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
子育て
スポンサーリンク
オススメの記事

30代の一児の父。
『マラソン・ウクレレ・キャンプ』を愛する東京在住30代のサラリーマン。フルマラソン PB 3:29。キャンプは食って飲んで寝るスタイル。ウクレレYouTuber。詳しいプロフィールはコチラ
FPの積立投資奮闘記:FPチェーン

スルメをフォローする



イエノナカノヒト

コメント