スポンサーリンク

【レビュー】ノースフェイスのスピナ|子育てパパにおすすめのウエストバッグ

ノースフェイスのスピナ 子育て

どうもスルメ坊主です。

小さい子供とのお出かけって荷物が増えますよね。

スルメ坊主
スルメ坊主

男はカバンなんてダサいから持たない。

と思っていた私も、子どもが生まれて考えが変わりました。

子供とのお出かけの際は、最低でも財布と携帯の他に

  • おむつ
  • おしりふき
  • 前掛け
  • スプーン&フォーク
  • アイパッド(機嫌悪くなった時よう)

を持ち歩いています。

最小限の持ち物で済ませたい場合、リュックやトートバッグだと大きすぎ。

何か良いカバンがないかな?と思っていたところちょうどいいノースフェイスのスピナというウエストバッグを見つけたので紹介します。

スポンサーリンク

ノースフェイスのスピナの紹介

ノースフェイスのスピナは5Lの容量です。

一般的なスマートなウエストバックよりも大きめのサイズ。

紐の長さを変えることによって、ウエストバッグとしても肩掛けバッグとしても使うことが出来ます。

紐

カチャッとするのが付いてます↓

ウエストバッグとして使う時に便利。

バックル

背面にはしっかりした芯材が入っています↓

背面

荷物が少ないときも型くずれせず持ちやすいです。

また、ちょっとした持ち手が付いてますね。

サイズ感

それでは身長183センチ69キロの私が持ってみたサイズ感を紹介しますね。

スエットにTシャツですみません。

ウエストバッグにした場合

スピナをウエストバッグに

このバッグのメインとして想定された使い方だけあって、安定感がいいです。

両手も空くしブラブラしないしいい感じです。

肩掛けにした場合

次に肩掛けにした場合です。

スピナを肩掛けに(前)

肩掛けにして前側に持ってきた場合です。

実際はこの使い方が一番多いと思います。

紐は最大の長さにしています。

スピナを肩掛けに(後)

後ろ側に持ってきた場合。

結構大きめです。

小柄な女性だと少し大きすぎるかもしれませんね。

必要最低限の荷物を入れてみた

お出かけの持ち物

私が子どもとお出かけする時の最低限の持ち物を入れてみました。

  • 前掛け
  • おむつ3枚
  • おしりふき
  • ビニール袋
  • アイパッドミニ
  • 長財布

スピナにものを入れたところ

余裕で入ります。

子供の薄めの上着くらいなら入ります。

ポケットが便利

前面のポケット

メインの収納部分の前側にポケットが付いています。

スマホを入れたりチケットを入れたり活躍します。

中の仕切りポケット

メインの収納部分の内側にはメッシュのポケットが付いています。

財布を入れたり手帳を入れたりすることが出来ます。

横のポケット

このノースフェイスのスピナの特徴である両サイドに付いているポケットです。

色々な使い方が考えられますが、例えばこんな感じ↓

サイドポケットにビール

ビール缶入ります。

ウエストバッグといて使えば、お祭りの時にビールを入れておくことが出来ます。

2本入るので、自分と嫁さん・自分と子供のジュースなどを入れられます。

手ぶらになるのでめっちゃいいですよ!

もちろん公園にお出かけの際にペットボトルを入れておくって使い方も可能です。

鼻水拭いたティッシュを放り込んだりと使い方は無限。

ノースフェイスのその他のウエストバッグ

ノースフェイスからはいくつかウエストバッグが発売されています。

今回比較検討したメジャーな商品を紹介します。

ノースフェイスのSweep(スウィープ)

今流行りの形。

これを肩掛けにするのがカッコイ。

容量も6Lと十分。

メインの収納部分の他にポケットも充実していて本命でした。

しかし、実際に店舗で商品を見てみると、意外と中の物が取り出しにくかった。

カッコいいだけに残念です。

ノースフェイスのグラニュール(Granule)

スマートな1.5Lのウエストバッグです。

財布と携帯だけならこれがいいでしょう。

またメインのバッグを別で持つ旅行のときにも便利そうですね。

まとめ

[ザ・ノース・フェイス]ウエストバッグ Spina ブラック

以上、ノースフェイスのウエストバッグ「スピナ」を紹介させていただきました。

軽いし収納力も必要十分。

アウトドアブランドなので耐久性も期待できそう。

小さな子供とのお出かけの荷物にお困りなお父さんは、ノースフェイスのスピナがいいんじゃないでしょうか。

キャンプにもいいよね!

関連【レビュー】コールマンのリュック『 プチ3 』が一歳の誕生日プレゼントにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
子育て
スポンサーリンク
オススメの記事



イエノナカノヒト

コメント