【レビュー】ナイキ ペガサス39|普段のジョグ用にぴったりなランニングシューズ

ペガサス39

普段のジョグ用に使っていたインフィニティラン2を引退させたので、新しくデイリートレーナーとしてナイキのペガサス39を購入しました。

インフィニティラン→インフィニティラン2をデイリートレーナーとして履いてきたこの2年間。

ひろっしー
ひろっしー

なんと怪我してません!

コロナで大会がなく、負荷が低かったのかもしれませんが、ナイキの「怪我ゼロ」効果てきめんでした。

その流れで行けば、次のジョグ用シューズもインフィニティラン3というところなんですが、なんせジョグ用シューズとしてインフィニティランは高い。

ということで、大幅にアップデートされたと話題のペガサス39を購入したので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ペガサス39の用途

普段のジョグ用です。

  • 5〜10キロ位、家の周りをサクッと走るとき
  • 90分や120分のゆっくり長めジョグ
  • ゆっくり目の30キロ走

なんて具合で、一番使用頻度が高くなる使い方です。

ペガサス39の紹介

デザイン

ペガサス39前から

ペガサス39横から

色はグレー?水色?を選びました。

ランニングシューズとしてある程度履いた後は、普段履きでも使えそうなデザイン。

オレンジ色のナイキのスウッシュが映えます。

白っぽいので汚れは目立ちそう。

アッパー

ペガサス39アッパー

アッパーはメッシュ素材。

軽くて快適で足当たりも良いです。

場所によって織り方が変わっていて耐久性もありそうです。

ミッドソール

ペガサス39ミッドソール

ミッドソールは軽くて反発力・耐久性が高いリアクトフォーム。

前作ペガサス38では1個だったZoom Airユニットが前後2箇所に入っているそうです。

アウトソール

ペガサス39アウトソール

アウトソールは前足部に横線が2本入りました。

折れ曲がりを誘導してくれているのでしょうか。

ペガサス36アウトソール

ペガサス36と比較するとかかと部分の接地面が広くなっていることがわかります。

シュータン・履き口

ペガサス39履き口

ペガサス39シュータン

シュータンや履き口がペラペラタイプとフワフワタイプに分かれるナイキシューズですが、ペガサス39はフワフワタイプです。

以前履いていたペガサス36はペラペラタイプでした。

好みが分かれる部分かと思いますが、個人的にはジョグ用はフワフワタイプ・レース用はペラペラタイプがいいかなと思っています。

Flywire

ワイヤー

Flywireが靴紐と連動していて足をしっかりとホールドしてくれます。

ひろっしー
ひろっしー

ペガサスシリーズのこの部分結構好きかも。

ヒール部分

ペガサス39ヒール部分

前作ペガサス38からも大きく形状が変更。

後ろにシュッと尖っていた踵のアウトソール部分がなくなりました。

インソール

ペガサス39インソール

インソールは取り外し可能。

フワフワの分厚いタイプです。

重さ

ペガサス39重さ

重さは28センチで279グラム。

ほとんど変わりませんね。

前作ペガサス38は持っていませんが、調べてみるとペガサス39の方が軽くなったようです。

サイズ感

サイズ感は他のナイキのランニングシューズと同様で問題ないかと思います。

足裏測定

私は実寸が左が27センチで右が26.6センチです。

横幅は普通。

Nike_com_Size_Fit_Guide_-_Men_s_Shoes

ナイキのホームページに出てるサイズ表をみても28センチでピッタリです。

ペガサス39で走ってみた感想

ジョグや流しなど、50キロ程度走ってみました。

以前履いていたペガサス36と比べると結構違いを感じました。

一言でいうとスピードは出ないけど安定感高まった感じ。

まずはミッドソールの素材が違うので接地感が結構違います。

ひろっしー
ひろっしー

鈍感な私の足でもわかるくらい。

ペガサス36はミッドソールがクシュロンST、ペガサス39はリアクトフォームです。

クシュロンSTのナイキのランニングシューズは現行ではもう売ってないと思いますが、私は結構好きだったかも。

ペガサス36の方が硬いのか、ZOOM AIR感を感じます。

一方でペガサス39は2箇所にZoom Airユニットが入っているとのことですが、ほとんどわかりませんでした。

テンポネクストのエアポッド感とは全然違うので、あの跳ねる感じを期待するのはやめましょう。

踵のアウトソールの形状が変わりましたが、私は走っていて踵の部分に特に変化を感じることができませんでした。

ペガサス36はジョグからスピ連までできる万能シューズという感じでしたが、ペガサス39でスピ連しようとは思いません。

逆に言えば、それだけジョグ用に特化した作りになっているのかもしれませんね。

私のペガサス39の用途は普段のジョグ用なのでぴったり。

走っていて特徴を感じるような楽しいランニングシューズではないです。

ひろっしー
ひろっしー

ジョグ用は普通が一番。

ペガサス39の耐久性

実際に走ってみた経過です。

耐久性は非常に高いと思います。

500キロ走ったペガサス39

500キロ走ったペガサス39

ほぼロードでのジョグ100%で500キロ走った状態です。

500キロ走ったペガサス39

グレーなので多少汚れてますが、アッパーに破れなどは全くなし。

内側の親指の爪が当たる部分の柔らかい布のところがおそらく破けてますが、外から見た感じ&履いた感じは全く問題ないです。。

500キロ走ったペガサス39

500キロ走ったペガサス39

ミッドソールも大丈夫。

500キロ走ったペガサス39のアウトソール

アウトソールも踵の外側と母指球あたりが擦れてますが、まだまだ大丈夫。

500キロ時点ではほぼ消耗してないので、かなり耐久性が高いのではないかと思います。

まとめ

普段のジョグ用に購入したナイキの定番のデイリートレーナー「ペガサス39」を紹介させていただきました。

以前、軽くジョギングしてる嫁さんにペガサス35を買ってあげたことがあったんですが、ミッドソールが固くてダメだったようです。

リアクトフォームになったペガサス39であれば、初心者のジョグ用にも進められるのではないでしょうか。

今作では前作よりも踵の接地面も広くなりより安定感が増した作りとなっています。

まさに初心者からタイムを縮めたいランナーまで、定番のジョギング用シューズとして完成形になったと思います。

ペガサスは長く履けて価格が安いのもいいよね。

ひろっしー
ひろっしー

ぜひお試しあれ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました