【レビュー】YOLER(ユーラー)ミニ焚き火台|100均のオプションも紹介

焚き火

空前絶後のソロキャンプブーム!

ファミリーキャンプばかりで全くソロキャンをしたことがない私でも、雑誌・テレビ・You Tubeなどいろいろな場面で目にするのでソロキャンプ気になっちゃいますね。

特にソロキャッンプ用のキャンプギア

んでもって買っちゃいました。ミニ焚き火台を。

特にミニ焚き火台を使う予定なかったですが、デイキャンプやベランダBBQでお手軽に炭火を楽しめて意外と便利。

今回購入したYOLER(ユーラー)のミニ焚き火台を紹介します。

スポンサーリンク

YOLER(ユーラー)ミニ焚き火台

フォールディングコンロ

旧型の箱に入ってきました。

(炭受け高さ2段調節ですが、現行品は3段です。)

こちらのミニ焚き火台、キャプテンスタッグのミニ焚き火台にそっくりです。

同じような焚き火台が色々なメーカーから発売されていますが、元祖はこのキャプテンスタッグでしょう。

今回私が購入したのは、YOLER(ユーラー)というメーカーのミニ焚き火台です。

2,500円がアマゾンタイムセールで2,000円に。

ひろし
ひろし

非常に安い。

こりゃポチっちゃいますよね。

収納ケース付

収納ケース付です。

出すところ

こんな具合に余裕をもって収納できます。

のちに出てくる100均で買ったオプションパーツも余裕をもって収納可能です。

出したところ

こんな具合で収納されています。

同梱物

袋から取り出したところ。

組み立て①

組み立て方は超簡単です。

組み立て②

まずは炭受けとロストルを設置します。

ロストル

ロストルは結構歪んでましたがご愛敬。

どうせ使っていくうちに歪むし気にしないでOK。

高さ調節

炭と網までの高さを3段階調整できるようになっています。

使った感じだと、

  • 一番下:焚き火
  • 真ん中:調理、焼肉
  • 一番上:焼き鳥

って感じが良さそうです。

組み立て③

手前に炭が落ちてこないようにするプレートを差し込んで完成です。

五徳

こんな感じで上の五徳や焼き網がずれないようになっています。

五徳

溶接1

溶接2

五徳は歪んでませんが、溶接が多少甘いところがあります。

使うには全く問題ないです。

100円ショップで買えるオプション品

このYOLER(ユーラー)というメーカーのミニ焚き火台ですが、100均でオプション品を追加してカスタムすることができます。

すべてダイソーで買いました。

受け皿

受け皿

ミニ焚き火台の下に敷く受け皿です。

受け皿と収納

収納の袋には入りませんが写真のようにいい具合のピッタリ感です。

間違え

最初サイズを測らずに21.5センチ×16センチのトレーを買いましたが、小さくて入らず。

25センチ×19.6センチのステンレス浅型角バットを買いましょう。

水切り網&フック

水切り網

18.8センチ×12.1センチの水切り網。

フック

100ミリのスリム型ネットフック。

この2点でサイドテーブルのようなものを付けることができます。

焚き火

また、水切り網は焚き火をする際に、写真のように薪が手前に落ちてこないようにするストッパーとしても使えます。

炭消し&炭起こし

炭けし&起こし

こちらはミニ焚き火台のオプション品ではないですが便利だったので紹介。

左からオイルポット150円とステンレスカトラリーラック200円。

ステンレスカトラリーラックがオイルポットの中にピッタリ納まります。

オイルポットは炭消しとして、ステンレスカトラリーラックは火おこしとして使えます。

オガ炭を2本入れて持ち運びに便利です。

まとめ

以上、タイムセールやってて思わず買ってしまったYOLER(ユーラー)のミニ焚き火台を紹介させていただきました。

タイムセールやってて勢いで買ってしまいましたが、いい買い物でした。

とってもコンパクトで持ち運びが苦じゃないので、ファミリーキャンプやグループキャンプにも持っていって、メインのBBQコンロのサブの卓上コンロとしても活躍します。

ソロキャンプじゃなくっても使えますね。

ひろし
ひろし

早く屋上で焼き鳥したいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました