屋上でキャンプ|都内の狭小3階建ての屋上スペースを紹介

屋上

もうすぐキャンプ歴10年。

30代半ばにして、小さな建売を買いました。

約20坪の土地に3階建ての、俗に言う狭小住宅ですが、嬉しいことに屋上付き

キャンパーとしては屋上を超有効活用したいところです。

そんなことで、新たにブログ内に「屋上キャンプ」のカテゴリーを追加して、屋上キャンプについて書いていこうと思います。

まず初回の今回は、我が家の屋上についての紹介です。

スポンサーリンク

屋上キャンプ場のスペック

木造住宅3階建ての屋上です。

普通の屋根より暑いし寒いし、雨漏れの心配もある。

防水のメンテナンスだって必要です。

デメリットはたくさんありますが、私にとってはあるだけで最高!

ひろし
ひろし

超ワクワクしますね。

屋上の広さ

平面図

平面図から読み取ると6畳ですね。

屋上としては狭い。

しかし可能性は無限大。

広さ

図面上は壁の芯々での寸法なので、実際に内寸も図ってみました。

内寸は347センチ×257センチ。

広さとしては8.9㎡。

ひろし
ひろし

結構違うのね。

外壁の高さは126センチでした。

屋上の周り

塀

屋上の周りはぐるっと腰壁に囲われています。

外壁は今主流のサイディングでなくモルタルの塗り壁仕上げ。

安いサイディングだとショボく見えがちですが、塗り壁なので建売のくせにそれなりにしっかり見えます。

バルコニー

屋上には写真のような開放感抜群の柵タイプもありますが、我が家の場合は腰壁タイプ。

私は腰壁タイプで良かったと思っています。

狭小密集地域なので、すぐ横は隣家です。

柵タイプだと丸見えですね。

腰壁タイプはしゃがんでしまえば、写真のように周りから全く見えないです。

外から見えないので裸で簡易プールも可能?

また、何か床に敷いたりする時に、風が防げる点もメリットになると思います。

デメリットとしてはやっぱり開放感に劣る点。

そしてロープを結んだり鯉のぼりとかを固定する場所がないところでしょうか。

高さも126センチあるので、何か土台になるものを置かない限り子供もよじ登れないです。

設備

設備

屋上には照明・水道・コンセントが付いていました。

水道は受け皿とか無いので「ホースをつないで使ってね」ってことだと思います。

掃除をしたり簡易プールをするときに便利ですね。

コンセント

二口のコンセントも付いていました。

こたつを持ってきて屋上で鍋もできますね。

参考古いこたつが蘇る!メトロの『 こたつ用取替ヒーター MHU-601E 』購入レビュー

屋上の防水

FRP防水です。

住宅だと一般的だそうです。

軽くて強度がありますが、紫外線の影響などで亀裂が入ったり、塗装がはがれたりするので、定期的なメンテナンスが必要です。

また割れにも弱いので大きな地震が来たらパックンチョかも。

5年毎を目安に表面のトップコートの塗り替えをするといいそうです。

周辺環境

袋小路の私道に面している土地です。

なので周りはぐるっと隣家です。

しかし周辺は2階建てで、今の所、我が家の他に3階建てはありません。

煙は上に行くのでバーベキューとかしても大丈夫なんじゃないかな?って思ってます。

あとは、公園が近いので虫問題が夏には待っていると思います。

今後の改造計画

屋上キャンプを楽しむために、まずは下記2点を行いたいと思います。

人工芝を敷く

FRP防水の灰色って味気ないですよね。

人工芝を敷けば直射日光を遮ることもできるので、FRP防水にもいいのではないかと考えています。

裸足で歩いて気持ちがいい人工芝を色々と物色中です。

塔屋に棚をつける

屋上で使うキャンプグッズを置いておく場所がありません。

塔屋

外に物置を置く方法もありますが、夏は直射日光で暑くなるし、屋上も狭くなってしまうので、塔屋に上がる階段の部分に収納スペースを作りたいと考えてます。

棚

こんなイメージの棚。

ここに収納スペースを作りたい。

でも大きな脚立がないと厳しそうなんですよね。

強力な突っ張り棒を何本か使って、棚にするって方法もありますが、落ちたときのことを考えると、しっかり工事したほうがいいかな〜。

でもリフォーム会社に依頼するのはもったいないなと考え中。

屋上でやりたいこと

お弁当

まだコンビニ弁当を数回食べただけ。

早くキャンプしろよという感じですが、今後屋上でやりたいことを色々と紹介します。

バーベキュー

焚き火

まずは焼き鳥ですかね。

キャンプ道具はたくさんあるので、色々楽しみです。

普段のご飯も外で食べるだけで美味しいよね。

小さなグリルもちょうど買ったし。

参考【レビュー】YOLER(ユーラー)ミニ焚き火台|100均のオプションも紹介

プール&日光浴

レクタングラーベビープール

今まで賃貸の狭いベランダでプールしていましたが、これからは大空の下のプールです。

水道も付いてるからめっちゃ便利じゃん。

参考【水遊び】賃貸でも『 ビニールプール & ホース 』でベランダプール可能

日光浴用にビーチに置いてあるような椅子も欲しいよね。

ソロキャン

CCS-6SUV

小さな子供がいるので、週末に一人でキャンプに行ってくるなんて口が裂けても言えません。

ひろし
ひろし

屋上ならいいんじゃないでしょうか?

ヨメ
ヨメ

うむ。

ペグは打てないから自立式のソロ用のテント買わなきゃな。

サンシェードで十分な気もしますが…。

屋上でソロキャンして楽しいのかは謎。

参考【レビュー】サンシェード CCS-6SUV |キャンパーズコレクションの新型

映画鑑賞会

小型プロジェクター

電源もWi-Fiもあるので、お酒を飲みながら星空のもとプロジェクターでの映画鑑賞会なんていかがでしょうか。

腰壁に投影だと凸凹だから自立式のスクリーンを買わないとですね。

参考【レビュー】 QKK 小型プロジェクター |2200ルーメンの実力は?

まとめ

屋上

以上、色々と夢膨らむ我が家の屋上を紹介させていただきました。

狭い屋上ですが、今までの賃貸アパートのベランダでやっていたベランピングと比べると無限の可能性。

子供も屋上に大喜び。

今後は実際に屋上キャンプした日記なんかもブログに書いていけたらと思っております。

ひろし
ひろし

今の所、家買って超よかった。

屋上キャンプ
スポンサーリンク

オススメの記事

この記事を書いた人

30代の二児の父。
『マラソン・ウクレレ・キャンプ』を愛する東京在住サラリーマン。
フルマラソン PB 3:29。目指せサブ3!
キャンプは食って飲んで寝るスタイル。
詳しいプロフィールはコチラ

ひろしをフォローする
イエノナカノヒト

コメント

タイトルとURLをコピーしました