前作と比較『ナイキフリーラン5.0』同じ名前なのに全然違う履き心地

ナイキフリーラン5.0

ナイキのフリーラン5.0を新調しました。

前作の紹介記事はこちら。

ナイキフリーランのコンセプトは裸足に近い履き心地。

お金を払って、わざわざ疲れる靴を買うという超贅沢の嗜好品シューズとなっています。

前作は300キロ弱しか走っていないのですが、普段履きでかなり酷使したせいでボロボロ。

白ベースの靴だったので、普段履きとして使うにはしんどい状況だったので、新たに同じ後継シューズを購入したのですが、全く違う履き心地となっていました。

圧倒的に優しく履きやすくなったナイキフリーラン5.0を前作と比較しながら紹介したいと思います。

スポンサーリンク

前作のナイキフリーラン5.0の状況

2019年末に購入した前作のナイキフリーラン5.0の状況です。

前作

前作のアウトソール

あまり距離は踏んでいないのですが、普段履きで酷使していた&白ベースということもあり、かなりボロボロでした。

個性的な牛っぽいデザインで気に入って履いたのですが、今後はキレイに洗った後、息子の幼稚園で活躍する室内履きとしたいと思います。

写真で紹介ナイキフリーラン5.0

それでは今回購入したナイキフリーラン5.0を紹介しいます。

普段履きでも多用することを考えて今回は一番無難な黒を選びました。

さすがのナイキさん。

かっこいいです。

前から

外側

内側

上から

アウトソール

ひろっしー
ひろっしー

普通にかっこいいスニーカーですよね。

ア○ックスさんにも、もうちょい見習っていただきたい。

前作との比較

それでは前作と違う点を紹介しています。

アッパーの違い

アッパー

アッパーは伸縮性のある素材となりました。

前作はかなりカチッとした履き心地で、横幅がかなりきつく、私も窮屈な印象でした。

今作はストレッチ性の高いアッパーとなったので、かなり履き心地が良いです。

アウトソールの違い

アウトソール

アウトソールは今回も横に切れ込みが入っていて、自由にクニャクニャ曲がるような作りになっています。

凸凹が増えてグリップが強化されていますね。

屈曲

屈曲させてみた硬さは前作も今作もほぼ同じ。

しかし、アウトソールの柔らかさが大きく違いました。

前作は硬い消しゴムのような素材でしたが、今作はかなり柔らかな素材に変更になりました。

クッション性

指で押してみるとグニョって凹みます。

耐久性

逆に爪先部分とかかと部分には、かなり耐久性の高そうなしっかりとした素材で補強されていました。

前作では切れ込みに小石が挟まる事象が頻発していましたが、今作では改良されたのか、今の所、小石の挟まりはありません。

こちら普段履きで公園行った際に更新します。

足首周りの違い

足首周り

足首周りもかなり変わりました。

写真で見ても一目瞭然。

前作のペラペラからしっかりとした作りとなりました。

しっかりとした作りとなりましたが、補強材などは入っていないので、踵を潰して履くことは今作も可能です。

かかと部分

踵の部分にループが追加されたのも大きなポイントかと思います。

普通のランシューとは違い、ナイキフリーランを履くときは毎回紐を緩めて締め直すなんてことはしない人が多いと思います。

踵の部分にループが付いたので超履きやすくなりました。

重さ

前作の重さ

前作の重さ。

新品のときは230グラムでした。

今作の重さ

今作は35グラムくらい軽くなってます。

足首周りがかなりしっかりした作りに変更になったのにも関わらず、大幅な軽量化です。

持ってわかるくらい違います。

ヴェイパー級の軽さとなりました。

走ってみた感想

走ってみた感想

さて、そんな新しくなったナイキフリーラン5.0を履いて実際に走ってみた感想です。

横から

名前とコンセプトは一緒なのに、履き心地は全く異なります。

まず走る前に、履いた時の感覚が違います。

今作はアッパーがかなり柔らかくて心地よいです。

締め付けられている感じがまったくない。

また、走ってみた感じもぜんぜん違います。

前作のカチカチアウトソールからくる、もろ地面の感じは全く無いです。

むしろ軽いこともあってか、いつまでも走っていたくなるような気持ちのいい走り心地。

芝生とかではなく、ロードで走った感想です。

まとめ

ナイキフリーラン5.0

以上、新しく新調したナイキフリーラン5.0を前作と比較して紹介させていただきました。

同じ名前、同じコンセプトのシューズですが、履き心地は全く異なります。

今作はかなりマイルドで気持ちがいい履き心地になったので、どんな人でも履くことのできるシューズになっていると思います。

一方、前作はかなり個性的で、他のランニングシューズとは異なる、超地面を感じることのできるシューズでした。

速いペースでロング走ったら確実に故障しそうなシューズでした。

 

脚を鍛えるという目的で履くのであれば、もしかしたら前作の方が効果が高いのかもしれません。

一方履き心地という点では、今作のほうが圧倒的に快適です。

ナイキさんが前作も今作も同じ効果のシューズですということを言ってくれるのであれば、確実に今作を選びたくなる出来となっております。

今作のナイキフリーラン5.0であればロング走もいけちゃう気がします。

ベアフットランニングの超入門シューズとしてもおすすめです。

気になる人は、普段履きでも心地よいシューズなので、ラインナップに加える価値は十分にあるシューズだと思いますよ!

ランニング用品
スポンサーリンク

オススメの記事

この記事を書いた人

30代の二児の父。
『マラソン・ウクレレ・キャンプ』を愛する東京在住サラリーマン。
フルマラソン PB 3:21。目指せサブ3!
キャンプは食って飲んで寝るスタイル。
詳しいプロフィールはコチラ

ひろっしーをフォローする
イエノナカノヒト

コメント

タイトルとURLをコピーしました