スポンサーリンク

【 花粉症 】朝起きた時にクシャミが確変入って連チャンする原因

花粉症

花粉症歴20年以上のスルメ坊主です。

毎年毎年、本当に嫌になっちゃいますよね。

ちなみに私は、ブタクサや稲などパーフェクト花粉マンです。ヒュ~

病院行ったことないから、何花粉かわかんないけど……

最近は薬飲んで、マスクして、点鼻薬して、目薬する病人っぷり。

薬である程度は症状を抑えられているんですが、ダメな時があります。

寝起きです。

朝起きた時って何であんなに酷いんでしょうか。

起きた瞬間(起き上がっていなくて目が覚めた瞬間)から、一気に鼻がムズムズ。

むしろ痛いってくらい。皆さんいかがですか?

そして、クシャミの大連チャン。

激荒のパチンコ台を思わせる確変に入って10連はします。

止まりません。横の奥さんも起きます。

朝だけでなく、夜中に目が冷めてしまった時も同じ症状。

そして、一気に目が冷めます。

おかげで最近は二度寝がなくなり、朝早起き出来、会社に早めに出社できています。

ずっと家の中で寝てたのに、何で寝起きにあんなにも一気に花粉症の症状がでるの?

ということで調べてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

朝の 花粉症 「モーニングアタック」の原因

アタック

「花粉症 朝 ひどい」などで検索をしてみると、その症状に「 モーニングアタック 」なんて名前が付けられていました。

みんな困ってるんですね。嬉しい。フフフ

ただ、詳しい原因はわかっていないようで、自律神経の働きによって症状がでるとか。

寝ている時に働いている副交感神経から、起きた時に働く交感神経への切替時にアレルギー反応が強くなってしまうという説です。

ってことは、一気に全力の松岡修造ばりに目覚めれば、副交感神経から交感神経への切り替えがすぐにでき、モーニングアタックの症状が改善されるのではないでしょうか。

もう一つは、知覚神経が寝起きは過敏になるとか。うーん。

今の医学でもわかってないことがあるんですね。

寝てる間は免除してくれていた花粉症の症状が、一気に放出される減少。不思議です。

モーニングアタック対策してみた

対策としては、「 マスクをして寝る 」方法があるそうです。

確かに起きている時で部屋の中にいる時も、マスクをすると症状が治まります。

これは効果がありそうとやってみましたが、朝起きたらマスク外してました。

テープで貼っとくか。

あとは、「 加湿器を使う 」ってのも効果ありそうと思いやってみました。

朝起きた時にモーニングアタックが来る感じって、乾燥した鼻の穴の中にジワジワと鼻水が出てきて引き起こされている感覚なので、予めジメジメに濡らしておいてやろうということです。花粉も下に落ちそうだし。

試してみましたが、我が家の加湿器では、寝起きまで、ついていなくて効果不明。

ってことで、調べてみても効果がありそうなものはありませんでした。

病院に行っていいお薬をもらうのが一番よさそうです。

でも病院嫌いだから行きたくない\(^o^)/

おまけ

運動

運動している時って、全然平気なんですよね。

ジョギングしている時も、フットサルしている時も。

これは、運動中は副交感神経が弱まって、免疫力が下がるので気にならなくなるからだそうです。

運動中は花粉のことなんて、相手にしてられないよってことですね。

しかし、運動後にリラックスして副交感神経が働き出すと見難い結果に。

やっぱり結論としては、常に元気に緊張感をもって生活していれば花粉症が克服できるのではないでしょうか。

ダラダラすんなってことですね。

アニマル浜口もありかも。

明日の朝からお試しあれ

「気合だー!」

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

スルメ坊主を
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
オススメの記事
オススメの記事