西湖キャンプ・ビレッジ「ノーム」|湖で遊べる快適なキャンプ場

西湖キャンプ・ビレッジ「ノーム」

お盆にキャンプに行ってまいりました。

少しでも涼しいところということで、今回は山梨県にある西湖キャンプ・ビレッジ『ノーム』に初訪問です。

はじめての湖畔キャンプだったので、到着してからの絶景に感動。

東京は猛暑日でしたが、とても気持ちよくキャンプをすることができました。

次回はぜひガッツリ湖で遊ぶ準備をして訪問したいと思います。

スポンサーリンク

西湖キャンプ・ビレッジ「ノーム」の概要

予約はインターネット。

受付の流れはYou Tubeで説明。

炊事場にはWi-Fiアンテナあり。

と、なかなかデジタル化が進んでいるキャンプ場でした。

アクセス

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町西湖1030

中央道の河口湖で降りてから20分くらいです。

高速降りてスグには富士急ハイランドがあり、スーパーなどのお店が充実しています。

西湖周辺にはあまりお店がないので、キャンプ場に着く前に食材などは購入しましょう。

キャンプ場が近づくにつれて山道になりました。

チェックインとチェックアウト

チェックイン13:00~16:00
チェックアウト9:00~12:00

チェックイン・アウトは一般的。

料金をお支払いしてアーリーチェックイン・アーリーチェックアウトも可能なようです。

料金

予約なしの湖畔にあるAゾーンは車1,000円、一人1,000円と格安ですが、全体的な料金は少しお高めの設定。

フリーサイト(Fゾーン)で6,500円。

区画サイト(Rゾーン)が8,500円でした。

詳細はHPでご確認ください。

ゴミ

ゴミ捨て場

ゴミはチェックインの時に大きなゴミ袋が3枚いただけるので、分別して捨てることができます。

嬉しいのが普通は家まで持ち帰ることが多い、電池・ガス缶・燃料缶など。

受付で別途回収いただけるそうです。

ヒロシ
ヒロシ

自販にお酒売ってました。

キャンプサイト

map

西湖の湖畔にあるノームには3つのキャンプサイトがあります。

車道

ゆっくり徐行でサイトへ向かいます。

Aゾーン

Aゾーン

絶景の湖畔サイトです。

価格も安いのでぜひ利用したいのですが、予約なしの当日受付。

何時くらいに皆来ているのかスタッフの方に伺ったところ、ハイシーズンは5時ごろとのこと。

ヒロシ
ヒロシ

無理っすわ。

前日夜出発は小さな子連れキャンパーには厳しいです。

平日に連休が取れたらぜひ行ってみたいと思います。

富士五湖周辺のキャンプ場は、予約なし当日早い者順のキャンプ場が多いですね。

上の写真は正確にはAゾーンでなく、地図上では「自由キャンプ場さんエリア」というところです。

スタッフの話を聞いた感じだと、このノームができる前から通っている常連ゾーン的な扱いのようでした。

Rゾーン

Rゾーン

Rゾーン

区画サイトです。

あまり広々スペースではありませんが、木陰も多く、きれいなサイトでした。

Fゾーン

Fゾーン

今回利用させていただいたFゾーンです。

フリーサイトですが、お盆で混雑していたため上記の場内マップのように簡易的に区画割りされていました。

ヒロシ
ヒロシ

びっちり。

道路の直ぐ側のサイトは、結構車の音が気になると思います。

夜中はほとんど車が通りませんが、静かなので車の音が目立ちます。

設営

渋滞で13時半頃ついたら、空いてるのが3ヶ所しかなかったです。

木陰のサイトから埋まっていました。

西湖キャンプ・ビレッジ「ノーム」の設備

受付&売店

受付

入り口

道路沿いに受付&売店があります。

感じのいい若い兄ちゃんが対応してくれました。

当日は、フリーサイトですが混雑のため、車ではなくスタッフと歩きでどこに設営するか下見に行きました。

トイレ

トイレ1

すみません。

写真ミスりました。

トイレ2

ウォシュレットついてます。

朝う〇こしたので覚えてます。

なぜかここだけ、便座なし。

写真撮った時、気が付きませんでした。

炊事場

炊事場

広い炊事場です。

お湯

お湯が出る場所もありました。

油汚れは冷たい水だとなかなか落ちないので、お湯が出る蛇口があるのはうれしいです。

水道

湖で遊んだ後に足を洗ったり、コンロを洗ったりするのに便利な水道もありました。

シャワールーム

シャワールーム

今回利用はしませんでしたが、有料で利用できるシャワールームもありました。

BBQ場

BBQ場

屋根付きのBBQ場です。

天気が良かったので、誰も利用している人はいませんでした。

食堂

体育館

体育館2

地図上では体育館という名の食堂です。

こちらも天気が良かったので、利用者はいませんでした。

ボルダリング

ボルダリング

簡易的なボルダリングがあります。

カヤック

カヌー

カヌー2

このキャンプ場に来たら、なんといっても、カヤックでしょう。

子供が1歳&4歳と小さいのであきらめていましたが、帰りに話を聞いてみたところ、チャイルドシートのようなものがあるので、小さな子供も乗れるとのことでした。

ヒロシ
ヒロシ

レンタルすればよかったー。

前と後ろに大人が乗って、その間にチャイルドシートを取り付けられるそうです。

3人乗り。

3時間3,300円、1日5,500円とそこまで高くなかったです。

ライフベストも貸していただけるそうなので安心ですね。

陸からの絶景をお届けします。

西湖1

西湖2

西湖3

早朝のカヤック教室なんてのもやってました。

見てたらブヨにやられましたが…。

湖畔キャンプはブヨに注意しましょう。

近隣施設

いずみの湯

キャンプ場からわずか200メートルのところに天然温泉いずみの湯があります。

歩ける距離なので、お酒飲んでも行けるのが嬉しいですね。

泥酔でお風呂に入るのは危険なのでやめましょう。

キャンプ場の受付で割引券を貰えるそうです。

今回はコロナで入場人数を減らしているせいか、ピークの時間は入場制限で中々入ることができない状況になっていました。

事前に確認してから行きましょう。

ほうとう「小作」

小作

今回はコロナもあるので、あまり周りで遊ばずにすぐに帰宅しました。

唯一寄ったのは、帰りのお昼ご飯にいったほうとう屋さんです。

特に調べずに、帰り道にあった「小作」というお店に行ったんですが、行列のできる大人気店でした。

今回は少し早めに行ったのであまり待たずに入ることができましたが、有名店のようなので並びの覚悟をしていきましょう。

ほうとうはめちゃめちゃおいしかったです。

ヒロシ
ヒロシ

真夏のほうとうも最高

かぼちゃのほうとうを1歳&4歳の子供たちも喜んで食べていました。

ヨメ
ヨメ

量が多いので頼みすぎ注意です。

インター近くには、たくさんのほうとう屋さんがあるので、事前に調べてから行くのも楽しそう。

まとめ

ノーム

山梨県にある西湖キャンプ・ビレッジ『ノーム』を紹介させていただきました。

標高が高い湖畔サイトのおかげで日中でも木陰は非常に涼しく快適に過ごすことができました。

何も準備がなくても、脚先だけ湖につかるだけで、小さい子供たちは大満足ではしゃいでいましたが、湖で遊ぶ準備をしっかりして次回は訪問したいと思います。

ブヨ対策&水遊びグッズを持っていこう。

きれいな西湖の眺めが最高です。

このギャグを一回は言ってしまうことでしょう。

ヒロシ
ヒロシ

西湖最高!

すぐ横の河口湖周辺には観光スポットも多いので家族連れにおすすめできるキャンプ場でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました