これで十分!Beszingの2,000円激安ランタンが良すぎて追加購入

Beszing

小さなジェントスのLEDライトをテント中用の照明として使っていました。

しかし、久しぶりにキャンプに行ってみると、電池を入れっぱなしにしてしまったため、液漏れで故障。

新しくキャンプ用の小さなランタンを探していたところ、Amazonで人気ナンバー1のLEDライトがタイムセールになっていたので購入してみました。

買ったのはBeszingというブランドのLEDライト。

ひろし
ひろし

これで十分じゃん!

という出来栄えでしたので追加でもう1つ購入。

スポンサーリンク

Beszing LEDランタン

Beszingの箱

それでは早速紹介させていただきます。

同梱物

本体以外の付属品はケースと充電ケーブル。

この辺はなくして更に安く販売していただいたほうがユーザーとしては嬉しいですね。

ボタン類

ボタンは3つ。

プラスマイナスで無段階に明るさ調整が出来ます。

またプラスマイナスの同時押しで赤の点滅モードになります。

緊急事態の際などに使いましょう。

磁石

ランタンには強力な磁石が入っています。

冷蔵庫やスチール製のタープポールなどに引っ付けることが可能です。

ランタンフック

ランタンフックは収納式。

重さ

重さは194グラムと非常に軽いです。

サイズは84✕84✕70mm。

今までの乾電池式のランタンに比べると圧倒的にコンパクトで軽いです。

残量

緑色のLEDで充電の残量がわかるようになっています。

ポータブルバッテリー

さらに嬉しいことにこのLEDランタンはバッテリーとしても使用可能です。

容量は5200mAh。

弱輝度で使用した場合は255時間も使うことができるそうです。

ひろし
ひろし

長すぎるので検証してません。

今の所、強で使っても1日のキャンプで使い切ることはないので、2日目にスマホの充電できちゃいます。

明るさと色チェック

明るさ

こちらのランタン。

よくある◯ルーメンといった表記が見当たりません。

どれくらいの明るさなのか買うまで不安でしたが、使ってみるとこれで十分レベル。

単一の乾電池を6本も使うジェントスの600ルーメンのLEDランタンと比較しても遜色ないです。

むしろ乾電池式のランタン毎回新品の乾電池、というわけにはいかないと思うので、充電式のこのランタンの方が明るかったりもします。

強弱

最大と最小

左が最強、右が最弱です。

テント内で使う場合は弱で十分。

家でもベッドの横に置いて使ってます。

電球色と自然色

電球色と自然色

左が電球色で右が自然色。

私は電球色以外を使うことは殆ど無いですが、肉の焼け具合を確認するときは白っぽいライトのほうが見やすいので、あれば嬉しいかな。

電球色と昼白色

電球色と昼白色

左が電球色で右が昼白色。

昼白色は白くて最強モードにするとかなり眩しいです。

まとめ

ランタン

以上BeszingのLEDランタンを紹介させていただきました。

アウトドアのワイルドなデザインではないですが、シンプルなデザインなので家で使っても問題ないです。

防災アイテムとしても役に立つので気になっている方は購入してみてください。

ひろし
ひろし

安いしね。

似たような格安LEDランタンがAmazonにはたくさんありますが、個人的には一番売れてるの買っておけば問題ないと思います。

キャンプ道具
スポンサーリンク

オススメの記事

この記事を書いた人

30代の二児の父。
『マラソン・ウクレレ・キャンプ』を愛する東京在住サラリーマン。
フルマラソン PB 3:29。目指せサブ3!
キャンプは食って飲んで寝るスタイル。
詳しいプロフィールはコチラ

ひろしをフォローする
イエノナカノヒト

コメント

タイトルとURLをコピーしました