スポンサーリンク

【レビュー】Akikiの左右分離型イヤホン「TWS-P10」をランニング用に購入

TWS-P10ランニング用品

音楽を聴きながらランニングする人にとって、イヤホンってメッチャ重要ですよね。

いかにイヤホンでのストレスがないか。

もちろんブルートゥースは必須。

ブルートゥースを一度体験するとコード付きのイヤホンなんて考えられません。

私は、そのブルートゥースの中でもブラブラ揺れないイヤホンを愛用してきました。

参考まだブラブラさせてるの?ランニングに本当にオススメな イヤホン 選びのポイント

ヒロシ
ヒロシ

最近電車で左右が完全に別れているイヤホンよく見るよな。

ヨメ
ヨメ

アップルのうどんな。

ってことで私も購入してみました。

アップルじゃなくって安い左右分離型のイヤホンを。

Amazonの人気ランキングNO1のイヤホンAkikiの「TWS-P10」を買ってランニングに使ってみたので紹介します。

スポンサーリンク

TWS-P10のスペック

まずはこのイヤホンの仕様を紹介します。

項目内容
製品名TWS-P10
ブルートゥース5.0
通信距離10m
待機時間120時間
音楽連続再生3時間
充電ケース容量3500MAH
防水仕様IPX7

ブルートゥースの規格は最新の5.0です。

よりたくさんの情報を途切れることなく受信することができる規格だそうです。

データ転送速度が従来の2倍になり、ブロードキャスト通信容量が8倍って話です。

実際にこのイヤホンでいつものコースをジョギングしてみましたところ、毎回必ず音声がブツブツ途切れる県道沿いのポイントでも、途切れることがありませんでした。

ブルートゥース5.0の電波は強いです。

通信距離も10mなのでかなり離れたところでも通信可能。

左右分離タイプの弱点としては、連続再生時間が短いところでしょうか。

このイヤホンも3時間と表記されています。

私はフルマラソン3時間半を目指しているので、かなり微妙なラインです。

追記35キロ地点で充電切れでした。フルだと厳しいかも。

スタートからゴールまで音楽を聴きながら走っていた場合は、電池が切れる前にゴールを目指すことになります。

まぁずっと音楽を聴いているということはないんですがね。

スタートやゴール近辺は声援を聴きながら走ったほうが元気出ますし。

左右分離タイプのイヤホンは連続再生時間が短い。

ただし、充電ケースの容量は3500MAHと大容量となっています。

なんとイヤホンを充電するだけでなく、スマホの充電にも使えます。

これは、安心だし嬉しいポイントですね。

最後に防水性能です。

Amazonのレビューを見てみるとシャワーを浴びながら使用しても大丈夫とのコメントも見受けられました。

全く心配無用の防水性能となっています。

ヒロシ
ヒロシ

誤ってポケットに入れたまま洗濯してしまいましたが、無事でした。

TWS-P10の紹介

akikiイヤホンの箱

それでは、Akikiの左右分離型イヤホン「TWS-P10」について写真で紹介いたします。

akikiイヤホンの同梱物

同梱物は、左上から

  • 収納ポーチ
  • 充電用のマイクロUSBケーブル
  • レビューのお願いの冊子
  • 3サイズのイヤーピース×2セット
  • 説明書
  • 充電器本体

となっています。

Amazonのレビューを見ると、無理やり高評価を書かせているようなコメントがありますが、冊子には「レビューをお願いします。レビューしてくれたらプレゼントを差し上げます。」と書いてあるだけで、高評価の無理強いはしていませんでした。

akikiイヤホン充電ケース

こちらが充電器の本体です。

蓋の部分は半透明の黒のプラスチックです。

akikiイヤホン充電ケースの裏

裏面を見てみると3500mAhの文字が見えます。

akikiイヤホン充電ケースの大きさ

手に持ってみると想像していたよりもかなりコンパクトでした。

カバンに充電ケースを入れて持ち歩くのがいやだなぁ。と思っていましたが、これならコンパクトなので平気です。

akikiイヤホン充電端子

横には充電器を充電するためのマイクロUSBの端子。

akikiイヤホン充電ケース出力

逆サイドには、スマホなどを充電する際に使うUSB端子が付いています。

akikiイヤホン充電中

イヤホンと充電ケースはマグネットでカチッと収まるようになっています。

充電中は上の写真のようにピカピカ光ります。

ペアリング設定は特に難しいこともなく簡単に設定できます。

一度設定してしまえば、2回目以降使う際は、充電ケースからイヤホンを取り外すと勝手にペアリングされます。

ヒロシ
ヒロシ

これは便利。

最後に装着してみた具合です。

耳にはめるとこんな感じ↓

akikiイヤホンをつけたところ

とってもコンパクトで耳にすっぽり収まりました。

今回、左右分離タイプのブルートゥースイヤホンを買うにあたって一番心配だったことが、ランニングの際に衝撃で下に落ちてしまうんではないかということ。

心配無用でした。

イヤホンの形状と4グラムと非常に軽量なことで、走行中にイヤホンがずれ落ちてしまうようなことは全くありませんでした。

先日、ハーフマラソンでも使用しましたが、全く問題なし。

耳の形は、人によって違うので、すべての人にシックリくるかどうかはわかりませんが、私にとっては軽くてとても快適なつけ心地でした。

耳にかけるタイプではないので、サングラスやメガネをしていても気にならないのが嬉しいポイントです。

参考【レビュー】goodr(グダー)|インスタで話題のランニング用サングラス

左右分離タイプのイヤホンの操作方法

この左右分離タイプのイヤホンにはスイッチがありません。

どのように操作するんでしょうか?

もしかして操作できない?なんて思いましたが、イヤホン本体の横の部分を指でタッチすることによって操作可能です。

私自身が忘れないためにも下記に記しておきます。

機能操作方法
電話の受信左右いずれかを1回タッチ
電話の終了左右いずれかを1回タッチ
電話受信の拒否左右を2秒間長押し
再生・一時停止左右いずれかを1回タッチ
次の曲右を2回タッチ
前の曲左を2回タッチ
音量大きく右を3秒以上長押し
音量小さく左を3秒以上長押し
Siri起動左右いずれかを2秒間長押し

スイッチがありませんが、操作はイヤホン側でできます。

物理的なスイッチじゃないので、手袋をしているとうまくいきませんね。

一度覚えてしまえば、簡単です。

難点を上げるなら、イヤホンを耳にはめる際に、どうしてもイヤホンの横の部分に指が触れてしまい、オンオフやSiriが起動してしまうところかな。

まとめ

akiki TWS-P10

以上、はじめての左右分離タイプのブルートゥースイヤホンAkikiの「TWS-P10」について紹介させていただきました。

Amazonの人気商品て、やっぱりハズレはないですね。

心配だった、耳へのつけ心地も問題なし。

音質も今まで使っていたイヤホンと比べるとすごくいいです。

買って大満足のイヤホンでした。

あとは、フルマラソンで最後まで電池が持つかどうか?

サブ3ランナーになればOKですが、それは無理よね。

左右分離タイプのイヤホンが気になっている方は、ぜひ一度試してみてください。

関連【BPMランニング】曲を好きなテンポに変更できるiPhoneアプリ『Walking Player』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ランニング用品
スポンサーリンク
オススメの記事

30代の二児の父。
『マラソン・ウクレレ・キャンプ』を愛する東京在住30代のサラリーマン。フルマラソン PB 3:29。キャンプは食って飲んで寝るスタイル。ウクレレYouTuber。詳しいプロフィールはコチラ

ヒロシをフォローする



イエノナカノヒト

コメント

タイトルとURLをコピーしました