スポンサーリンク

AffinityPhotoで年賀状 の作り方「結婚したら親戚には年賀状を送ろう!」

Affinity Photoで年賀状

こんばんはスルメ坊主です。

みなさん年賀状って書きますか?

私は去年から再スタートしました。小学生か中学生ぶりくらいでしょうか。

一番の理由は結婚したということで、親戚関係に送ったのが理由ですが、子どもが生まれた友達も増え、子どもの写真が入った年賀状がよく送られてきているのも去年年賀状を送った理由の一つかもしれません。

今年は、もういいかなーと思っていましたが、嫁から結婚式の写真で年賀状を作るべきだ!との指示により、今年も今更ながら制作にとりかかりました。

もう元旦には届かないと思うので手渡しで対応していこうと思います。

昨年はPhotoshopを契約していたので、Photoshopでつくりましたが、先月Photoshopは無駄だと解約し、AffnityPhotoを契約したので、今年は AffinityPhotoで年賀状 を作りたいと思います。

Photoshopの解約とAffinityPhotoの購入記事はこちら

調子乗って Photoshop なんて使ってゴメンなさい。無料ソフトで十分だった理由
こんばんはスルメ坊主です。MacBookAirを使っています。カッコつけています。俗にいうスタバでドヤる感じです。そんな私は約2年前、あの憧...
【画像編集ソフト】 Affinity Photo 買っちゃった。せっかくPhotoshop解約したのに。
こんばんはスルメ坊主です。先日こんな記事を書かせていただきました。会社ではもっぱらオンラインのフリーソフトのPixlrを使っています。自動選...
スポンサーリンク
レクタングル(大)

写真を切り抜いて AffinityPhotoで年賀状 をつくる方法

今回は、結婚式と披露宴の写真を使用して、2016年の年賀状を作ります。

なれないAffinity Photoでの作業でほぼ一日費やしてしましましたが、慣れればPhotoshopよりも簡単に画像の切り抜きができるんではないかと思うほどの性能でした。

はじめに嫁のモザイク用画像を作成する

私はブログ上、スルメ坊主のアイコンを使用しています。

surume_bose_en

とっても可愛いですね。

しかし、結婚式の写真は嫁も写っているので、まずは嫁用のアイコンを作成しました。

tako_musume

タコ娘ちゃんです。皆さんよろしくね。

これも筆ペンで書いた画像をiPhoneでとってAffinityPhotoで切り抜いてから画像をつけています。

1.切り抜き範囲を選択する

Affinity_Photo_切り抜き1

まずは、素材の写真を切り抜きます。

左のメニューの選択ツールをつかって削除する範囲を指定していきます。

クリックしながら選択していくと非常に作業効率が高いです。

ザックリ選択してから微調整をしていきます。

左上の「追加」と「除外」をクリックすることで、切り取り範囲に「加える」「削除する」の選択ができます。

値を小さくするとより細かい範囲選択が可能になります。

エッジにスナップを外すと、自動選択でなく自分のマウスでなぞったところが選択されます。

ここが綺麗に切り抜く最大のポイントなので手間を惜しまず調整します。

ズームにして細かいところも選択してあげます。

選択し終わったら最後に真ん中上部の「調整」を押します!

2.選択範囲の調整をする

選択範囲の調整

この作業はよく効果がわかりませんが、誰かのブログに書いてありました。

そのブログが見つからなくてすみません。AffinityPhotoはPhotoshopとくらべて解説サイトが少なくって私のような素人には非常に困ります。

とりあえず「滑らかにする」に値を少し増やして適用!

Affinity_Photo_切り抜き2

「delete」キーで選択範囲を削除して切り抜き完了です。簡単! 綺麗に切り抜きができました。

3.AffinityPhoto新規作成ではがきサイズに指定して開く

Affinity Photoサイズ

まだ印刷していないのでなんともいえませんが、ネットで調べてみると郵便はがきのサイズはピクセル設定で、1181×1748とのことなので設定します。DPIは300とのこと。サッパリ何のことかわわかりませんが、画質的なことでしょうか。

4.真っ白なキャンバスへ2016年の年賀状を作っていく

Affinity_Photo_年賀状

AffinityPhotoであれば私のような初心者でもそこそこの作品を作ることが可能です。

浸かったツールは上のキャプチャの2つ。塗りつぶしと文字入れです。

切り取りさえ出来てしまえば、後はそのへんのフリーソフトとやることは変わりません。

2016年の年賀状2案のプレゼン

今回私は、仕事が休みだったこともあり、年賀状を2案作成し、嫁にプレゼンしました。 いやー、初めてのソフトは時間かかりました。

A案:シンプルバージョン

2016年賀状案1

背景が赤なので、シンプルではないですが、B案に比べてシンプルといったところです。

扇子に一言コメントがかけるようにしました。

嫁から着物の写真ももドレスの写真も入れて欲しいと要望があったので、ドレスの写真は右下に富士山に登る太陽に見立てて配置しました。

B案:ド派手バージョン

2016年賀状案2

私はこっちのB案派でした。袴着てるんだからこんくらい派手にしなきゃね。

和風とアメコミ風の融合で気に入っています。めでたい感じが出ています。

最終的に選ばれたのは

Affinity Photoで年賀状

最終的に選ばれたのは、アイキャッチにも使用しているA案でした。

B案は目がチカチカするので却下とのこと。

今年の年賀状は親戚に送るのがメインなので、これくらい落ち着いたデザインでもいいかもしれないです。

残るは印刷と宛名書きのみ

去年は、無地の年賀状を書い、つくったデータをセブンに持ち込みコピー機で印刷しましたが、何度も紙がつまり大変な思いをしました。

今年は、明日、イトーヨーカドーの写真屋さんなんかに持っていけばやってくれるんじゃないかと勝手に思っているので持って行きたいと思います。

万年筆での宛名書きが楽しみです。

Affinity Photo App
カテゴリ: 写真
価格: ¥6,000

【即日1枚からOK】 年賀状の持ち込み印刷 はセブンイレブンが超オススメ
こんにちはスルメ坊主です。 先日、買ったばかりのmac用ソフト「AffinityPhoto」で年賀状を作成しました。 思...

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

スルメ坊主を
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
オススメの記事
オススメの記事
surume_bose

コメント

  1. まひと より:

    あのー 今日購入したんですけど、JPG PNGに変換ってどうやったらできますか?